お問い合わせ

安心の24時間対応

0942-27-5260

ぱっその想い・事業・支援内容INFORMATION

HOME / ぱっその想い・事業・支援内容

一人ひとりに合わせた療育で『できること』を増やし、
自分でできる自信にあふれる子へ

ぱっそ(PASSO)とは、イタリア語で「ステップ」を意味します。
Play(遊び)・Action(活動・動作)・Speech(言葉)・Social(社会的に)等
お子様が発達していく上で必要となるスキルや知識、経験を
1歩1歩ステップを踏むように、その子に合わせた療育を提供します。

ぱっそでは、作業療法士と言語聴覚士が1対1で療育を行っています。
地域にある個別学習塾と同様に一人ひとりに合わせたオリジナルの活動を行いますので、
『できること増やしの塾』というイメージです。

お子様が大人になった時に「自分でできる」と自信を持ち、
安心して暮らすことができるようお手伝いをしていきます。

事業・支援内容SUPPORT

個別・集団療育

対象者

言葉や運動機能などに発達の遅れがあり、お住いの市町村が療育の必要を認めるお子様

発達障害・知的障害・その他障害のあるお子様

個別療育:スタッフが1対1で個別の環境設定・手だてを行います。
     1回45分(療育30分+振り返り15分)

集団療育:小集団での人との関わり方やスキル向上を目指します。

療育は、治療ではありません。
お子様が日常生活を送る上で、必要となる日常生活動作や一般常識を教え、経験を積みながら『できることを増やす』お手伝いをいたします。

一人ひとりの特性を軸に『個別療育』では作業療法士言語聴覚士が1対1となって、生活に必要となるコミュニケーションや日常生活動作(食事・身支度等)・道具の操作の基本等を学び、経験します。
更に、練習した基本を応用して練習ができるように『集団療育』も行っています。小集団での人との関わり方や生活面・学習面等のスキル向上、自立を目的とした療育や支援を提供いたします。

個別療育で練習したことを、小集団(集団療育)という
人との関わりの中で更に練習することができます。

施設内外での活動についての詳細はこちらからご覧ください。

ぱっその1日

ぱっそギャラリー

児童発達支援事業

対象者
2 ~ 6歳
幼稚園年長まで

上記年齢の個別・集団療育の対象となるお子様

定員・利用時間 
・・・ 1日10名 / 9:00 ~ 13:00

小学校就学前のお子様を対象にした支援です。個別療育・集団療育のどちらも行っています。
個別療育は、作業療法士・言語療法士とマンツーマンで行います。また、集団療育では運動遊びや体操・散歩等を行います。

※昼食の提供は行っておりませんので、必要な方はお弁当のご準備をお願いします。

見学・お問い合わせ

ぱっその中には広いプレイルームがありますので、自由に運動遊びや体操ができます。

放課後等デイサービス事業

対象者
6 ~ 18歳
小学1年生から高校3年生まで

上記年齢の個別・集団療育の対象となるお子様

定員・利用時間 
・・・ 1日10名 / 14:00 ~ 18:00

小学1年生から高校3年生のお子様を対象にした支援です。個別療育・集団療育のどちらも行っています。
個別療育は、作業療法士・言語療法士とマンツーマンで行います。また集団療育では学校の宿題を一緒にしたり、自由に遊んだりおやつを周りの人たちと一緒に準備したり食べたりすることで、人との関わり方などを経験していきます。

見学・お問い合わせ

宿題や、様々な道具を使った 療育などを行っています。

ご利用の流れFLOW

お問い合わせ

まずはお電話・メールでお問い合わせ下さい。電話やメールにて、おおまかな利用についてのご説明をさせていただきます。

0942-27-5260

お問い合わせ・見学のご相談

来所面談・見学

ご来所の上、施設内の見学やサービスについての詳細をご説明いたします。 お子様の状況や取り組みたいことについてお話を伺います。

体験利用

お子様に『どんなところ』で『誰がいる』『何をする』場所か等を知っていただくため、体験利用をしていただきます。

受給者証の申請

お住まいの市町村に利用の申請を行っていただきます。

※役所への申請についてご不明な点や不安な点など、ぱっそで丁寧に説明をさせていただきますのでご安心ください。

ご利用契約

受給者証の交付があれば、当事業所との契約手続きを行います。(受給者証と印鑑をお持ちください。)
その後、利用日程の調整を行った上で利用開始となります。

ぱっそのご利用についてご検討の方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

見学・お問い合わせ

ご利用料金・時間ABOUT

ご利用料金・時間

児童発達支援事業事業:
利用時間
 ・・・・・・・  9:00 ~ 13:00

放課後等デイサービス事業事業:
利用時間
 ・・・ 14:00 ~ 18:00

定休日 
・・・ 水・日・祝日 / 他、お盆・年末年始

利用料

  • 児童発達支援事業事業、もしくは放課後デイサービス事業の法定利用料に準じてお支払いいただきます。
  • 4時間の利用でも、45分の利用でも、1日のご利用額となります。
  • 負担上限額は、世帯所得により異なります。
    受給者証をご確認ください。
  • その他、活動で使用する材料費や行事費などを別途実費負担いただく場合があります。

送迎についてのお願い

  • 送迎は保護者の方にお願いします
    お子様が活動の中で「何をどのように練習したのか」「家庭ではどう取り組むのか」等、保護者の方と振り返りをさせていただきたいと考えております。

よくあるご質問FAQ

ぱっそを利用するには
まず、何から始めればいいですか?
まずは、お電話・メールにてご相談ください。
お子様の大切なことですので、どんな些細なことでも構いません、初めての方でも、不安に思われず、遠慮なくご連絡ください。

ぱっそは、あなたとあなたのご家族のお悩みに誠心誠意寄り添い、対応させていただきます。上記の「ご利用の流れ」も合わせてご参考ください。見学も随時受け付けております。

電話番号:0942-27-5260

『療育』とは、具体的に
どのようなことをするのですか?
生活に必要となるコミュニケーションや日常生活動作(食事・身支度等)、道具の操作の基本などを学び、経験していただきます。具体例は以下の通りです。
  • お箸やハサミなど、生活で使用する道具を使う
  • 言葉を増やす
  • はっきりとした発音で話す
  • 着替えやトイレなどを1人で行う
  • 文章で伝える
  • 1人、または複数人と会話をする
  • ルールや順番を守る
  • 保育所や幼稚園に入園するまでの練習
どのようなスタッフの方が
対応してくれるのですか?
以下のようなスタッフが、大切なお子様の一歩をお手伝いします。
  • 児童発達支援管理責任者
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 保育士・児童指導員
スタッフ紹介ページからもご覧いただけます。
『はるるん』とは
どのように違うのですか?
筑陽会には、もう一つ放課後等デイサービス事業『はるるん』があります。
ぱっそでは、児童発達支援事業と放課後等デイサービス事業を行っているのに対し、はるるんでは放課後等デイサービス事業のみを行っています。
ぱっそは、個別療育を中心に行っているのに対し、はるるんは、集団療育を中心に行っています。
お子様が小学1年生以上になり、はるるんとぱっそを併用される方も少なくありません。まずはご遠慮なくお問い合わせください。
ぱっそに興味を持ってくださった方へ

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
施設のことや見学について等、どんなことでも構いません
お気軽にお問い合わせください。
こちらをご覧のあなたの心にも爽やかな風が届きますように。

0942-27-5260

お問い合わせ 見学のご相談

PAGETOPPAGE TOP